釜山行き aka:新感染 ファイナル・エクスプレス
Train To Busan
(2016)
\4320
超話題のゾンビ映画が韓国からやってきた!原因不明のパンデミックで凶暴、俊敏なゾンビが大量発生、発車間際の釜山行の特急に一人の感染者が紛れ込んだ。密閉空間の列車内で、希望を託して途中下車した駅で、壮絶なサバイバルが繰り広げられる!全力ダッシュ系ゾンビのド迫力と共に、極限状態で露わになる人間の醜さもしっかりと描き切り見応えのあるドラマに仕上がっている。人間が見えなくなると動きが止まるゾンビという設定が、トンネル内でのスリルを盛り上げる。若い恋人同士、母娘、夫婦、そして父と娘の絆が時に悲劇を生み出す悲惨が辛い。「サスペクト 哀しき容疑者」のコン・ユ演じる主人公があるシーンで見せる人間的な表情が何とも胸を熱くさせる(観てのお楽しみ)。娘の歌を父親に聞かせてあげたかった・・・(泣)
閉じる