Murder-Set-Pieces (2004)
\4320
ナチの演説を聞きながら鍛えぬいたその肉体はボディビルダー並み。ちょっといかついが結構なハンサム野郎なので、ファッション写真家と言う職業も手伝ってか、夜の盛り場に繰り出せばモデル級の美女たちが何の疑いも持たずについて来る。だが、この男、ビデオ屋に行けば、スナッフビデオをリクエストして店主(キャンディマンのトニー・トッド!)を激怒させ、連れ込んだ女を写真に撮りながら、相手が油断するや否や、犯して、殺して、解体して、そして体を鍛えて(たまに仕事して)の繰り返しという途方もない危険人物No.1なのだった・・・。

リリースから十数年、いまだ当店でベストセラーを続けるブルータルスラッシャーの極北!当店歴代屈指の売れ行きは、日本未公開作としてはまさに異例の事態。インディレーベルからリリースされた最初のDVDはとっくに廃盤。その後、アメリカ版もリリースされて入手しやすくなったかと思いきや、まるで残念なR指定のカット版。まぁ、女子供にも容赦しないその内容ですから、仕方ありません。なおアメリカではノーカット版が一応、公開されたそうですが、レーティング審査を受けずに強引に公開(過去20年で初めてのケースとか)した結果、逮捕者まで出たとか・・・。何かとうるさいイギリスでは余裕で発禁処分です。

そんな本作ですが、現在はオランダ版DVDにて入手可能。もちろんディレクターズカット版ですので、未見のホラーファンはこれを機会にいかがでしょうか?レザーフェイス(ガナー・ハンセン)にヒッチハイカー(エド・ニール)の『悪魔のいけにえ』組のほか、キャンディマン(トニー・トッド)が顔を見せるのもホラーファンには嬉しいです。

なお、ニック・パランボ監督は

「親愛なる日本のホラーファンのみんな、いつか日本に行って『M-S-P』を応援してくれてるファンに、この感謝の気持ちを伝えたいよ!ほんとにありがとう!!ところで、どっか日本の大きな都市の映画館で『M-S-P』を上映してくれるところ、ないもんかね?」

と、やる気満々。お金かけて35mmで撮ったのですから、そりゃそうですね。
閉じる