Massage Parlor Murders (1976)
 
\7150

日本未公開の知られざる怪作がUHDで!!

ニューヨークを舞台に、タイムズスクエアのマッサージパーラーで働く女性従業員を次々に殺してゆく変質者と、それを追う刑事を描く本作は、ロケ撮影が当時の猥雑で危険な空気を巧みに捉えた70年代の知られざるポリスアクション。

しかしこれが一筋縄では行かない怪作なのだ!

―性の裸満載なセクスプロイテーション映画としての側面。
∋Τ殴掘璽鵑痢▲繊璽廚罎┐帽咾屬觧諜圓気魯蓮璽轡Д襦Ε粥璽疋鵝Ε襯ぅ更瀘彎態。
「フレンチ・コネクション」ばりのカーチェイス、腐ってもポリスアクションですから!
かと思えば
の人たちの姿を青春映画のワンシーンのような瑞々しい映像で切り取って見たり・・・

普通だったら映画への集中を妨げる欠点となるような、これら一貫性を欠いたルックを、本作では70年代イタリア犯罪アクションさながらな音楽で強引に纏め上げたており、その結果、分裂症的サイコーな映画が誕生してしまった。もともとは『七つの大罪』というタイトルで製作が進められてた元祖『セブン』!?『鮮血の美学』のサンドラ・カッセル出演。

ラストの奇妙なスローモーションにはさしものペキンパーもお手上げだ!

閉じる