エディ&ザ・クルーザーズ / ストリート・オブ・ヒーロー
Eddie & the Cruisers(1983) / Eddie & the Cruisers II (1988)

\4100
「ストリート・オブ・ファイヤー」で人気大爆発となったマイケル・パレのデビュー作とその続編をカップリング。
60年代に一世を風靡したバンド、エディ&ザ・クルーザーズ(ジャージーショアのバンドという設定も男女人種混成の編成も、そしてサウンドもB・スプリングスティーン&Eストリートバンドを彷彿させる)。だがセカンドアルバム発売前に、フロントマンのエディが車ごと海に転落し死亡。遺体は回収されないまま時が過ぎた。TV局の女性レポーターがかつてバンドの一員に迎えられたフランク(トム・ベレンジャー)を訪ね、バンドの真の姿に迫ってゆく・・・。続編では副題にある通り「エディは生きていた!」というわけで、現在のエディが若いミュージシャンを率いて新バンドを結成、葛藤を乗り越え復活を果たす姿が描かれる。マイケル・J・フォックスの「愛と栄光への日々」と並び80年代を代表するロックムービーの傑作。これがデビューのマイケル・パレはさすがに口パク。名曲ぞろいのごきげんなサウンドを実際に演奏するのはジョン・キャファティ&ザ・ビーバー・ブラウン・バンド。
閉じる